利用する目的と知っておいた方がよい情報を頭に入れる

病気の際の社会保障

カウンセリング

病気に関するお金のもらい方

急な病気やケガで一時的に働けなくなったとき、その間の生活を保障するために受給されるお金が、障害年金というものです。障害年金を申請し受理されると約1ヶ月程度で支給が開始され、そこから最長で1年6か月受給することが出来ます。障害年金は、目に見える病気やケガにのみ適応されると考えている人も多いですが、実はうつ病のような精神病でも、条件を満たせばうつ障害年金を受給することが出来ます。うつ病は、現代社会においてとても患者数が多いと言われている精神病です。目に見える症状がなくても、立派な病気ですので、休職する場合はしっかり受給申請を行いましょう。ただし、うつ障害年金を受給するためにはいくつか条件を満たしていなくてはなりません。まず一つ目の条件が、社会保険に加入しており、きちんと保険料を納めていること。この条件においては、会社勤めであれば社会保険は給料天引きできちんと納められていますので、心配する必要はありません。ただし、自営業やフリーターなどの第三号被保険者の場合は、受給の資格がないので覚えておきましょう。また、うつではないかと疑い病院へ行った初診日時点で、社会保険に加入しているというのも重要です。就職したて、退職したての場合は確認が必要になります。もう一つの条件は、うつ病が原因で仕事を休職しており、その期間が連続した3日間を含む4日以上あること、そしてその間給与の支払いがされていないということです。このような条件を満たしていれば、受給のための申請書を提出することが出来ます。

うつ障害年金の申請書類を提出するにあたって重要になってくるのが医師の診断書です。うつは目に見えてはっきりと病気だと分かるものではないので、本当に働けないほど重症なのかどうかは、医師の診断書をほとんどの判断材料にするからです。出来るだけ細かい診断書を作成してもらうために、症状やそれによる日常生活の弊害などはなるべく細かく医師に伝えましょう。また、申請書類には自分で症状や状態を記載する欄もあります。診断書に加えて、その部分も審査の対象となりますので、詳細に記載しましょう。さらに、うつ病には1〜3級の等級で分けられる、認定基準というものがあります。1級が、常に介助を必要とするくらい重度であると判断される等級で、3級が比較的症状が軽い場合に診断される等級です。1級は確実に受給対象となりますが、2〜3級は審査が困難になる場合もあります。等級認定をしっかり行ってもらうためにも、症状をしっかり訴えることは重要です。またまれなケースですが、うつ病と診断される前に、発達障害や知的障害などと診断された場合は、後者の病気にうつ病との因果関係があるとみなされ、発達障害や知的障害のために初めて病院を訪れた日を初診日と計算します。個人によって様々なケースが想定されますので、分からない場合は最寄りの年金事務所などに確認を取りながら申請書類を作成すると良いでしょう。健康を取り戻すために、休職して病気の治療に専念するというのはとても重要なことです。その間にお金に関する不安を増やさないためにも、うつ障害年金はしっかり申請し受給しましょう。